Windows 11 のセットアップ / Windows 11 instlation

Mac に Parallels を入れて Windows も使ってきています。企業によっては Windows OS でないと動作しないアプリケーションがあり、仕方ないことでです。それでも最近は Mac OS でも動作するアプリケーションが多くなりました。そこで、最近リリースされた Windows 11 を入れてみることにしました。まだ、数日しか使っていませんが、Windows 10 に比べると動作速度は早く感じます。立ち上がる時間も短いです。以前にも投稿していますが、Mac のキーボードは英字キーボードなので和英の切り替えには左右の Command キーとしています。これには ⌘英かな というアプリケーションを使いました。さて、問題は Windows 側です。Mac と同じように Command キーで和英の切り替えをしないと混乱してしまいます。これも以前に投稿していますが、まずは IME の切り替えを左右の Alt に紐づけるために alt-ime という常駐ソフトを入れます。これで Mac の左右の Option キーで和英を切り替えることができます。次に Option と Command キーの機能を入れ替えるのですが、このままでは、Windows キーが一緒になってしまうので Key Swap を用いてレジストリを書き換える必要があります。これで Mac OS と Windows OS 両方とも左右の Command キーで和英入力の切り替えができるようになります。

Keyswap 用のファイル:KeySwap.pdf を KeySwap.1 にリネームして使用してください。

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください