家の保守 / Home maintenance

この家を建ててから 20 年が経過しました。これまでに定期的に保守をしてきています。大きな規模では外壁の再塗装があります。そして今日は窓ガラスにフィルムを貼る施工をしていただきました。最近はフィルムの種類が多くできていて選ぶのも大変でしたが、施工会社の担当者に説明していただき、紫外線対策と破損防止を兼ねた製品にしました。雨戸が無い家ですから強風の時は飛散物による被害が心配です。年々大型化する台風が来る度に心配ですが、保険の目的で施工しました。これからも家を大切にして長く住み続けたいと思います。

It’s been 20 years since I built this house. I have been performing regular maintenance so far. On a large scale there is a repainting of the exterior walls. And today, I had put a film on the window glass. Recently, there are many types of film, and it was difficult to select one, but I asked the person in charge of the construction company to explain it, and made it a product that has both UV protection and damage prevention. Since it is a house without shutters, we are worried about damage caused by scattered objects in strong winds. I’m worried about every typhoon that gets bigger year by year, but I installed it for insurance purposes. I would like to continue to cherish my home and continue to live for a long time.

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください