インクとの相性 / Compatibility

私は必ずノートを持ってメモをとるようにしている。会議の時、人との話し合いの場など、書き留めておくことを習慣としている。ノートは A5 版の大きさを使い、見開きでコピー機にかければちょうど A4 用紙が使えて便利である。話をしながら、説明する時も、言葉だけで無く、ちょっとした図があると意思疎通が良くなる。ノートは A5 版だとある程度選択の幅が広がる、私はコクヨの Canpus シリーズを愛用している。さて、ペンであるが、長いこと愛用してきたパーカーの万年筆からモンブランに交替しようと考えた。理由は無いが、気分転換が目的である。しかし、このモンブランのインクとコクヨの紙の相性が非常に悪く、インクが弾かれてしまう。これまでの万年筆が忘れないで欲しいと言っているようで、今しばらく愛用を続けよう。結果、 2 本の万年筆を持ち歩く羽目となった。

I always take notes with my notebook. It is customary to write down places such as meetings with people during meetings. Notebooks use the size of the A5 size, and if I am facing a copier with a two-page spread, I can use A4 paper just for convenience. When talking and explaining, not only words but also a little figure will make communication easier. The A5 version gives me some choice, and I love KOKUYO’s Campus series. By the way, I decided to replace the pen with a fountain pen from Parker, which I have been using for a long time. There is no reason, but the purpose is to change. However, the compatibility between the Montblanc ink and KOKUYO paper is very poor, and the ink is repelled. It seems that the pen wants Parker fountain pen to remember, so let’s continue to use it for a while. As a result, I have to carry two fountain pens.

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください