版画鑑賞 / At the art museum

職場の K さんにいただいた招待券を手に青梅美術館を訪れました。「城所祥」の没後30年に当たる展示が行われています。板目木版の作品です、版画で作られた作品とは思えない繊細で優美な絵画を堪能することができました。作者は 1934 年に生まれ、54 歳という短い人生を 1988 年で閉じています。1980 年代の作品はとても完成度が高く、絵画の前で妻と見入ってしまいました。美術館の喫茶室で昼食、窓からは多摩川を望むことができました。晴天、窓からの陽射しがとても暖かく、ここでもホッコリ、心休まる日をいただくことができました。

We visited to the art museum in Ohme city. The exhibition shows performances by Sho Kidokoro he past away 30 years ago. He is famous for the art prints made by woods. I was very impressed by his arts could not realized made by the wood printing. The color is delicate and pale. We had nice time seeing those arts and calm atmosphere. Mr. Kidokoro was passed when he was just 54 years old such a short life in 1988. He made several arts in 1980’s those are high level of the quality. We had a lunch at the tea room in the museum where seeing a nice view through the window. We also enjoyed the viewing saw Tama river.

カテゴリー: ひとりごと, 旅行 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください