南極昭和基地との交信 / Communicated with Showa Station in South Pole

アマチュア無線を再開して、今日は初めての体験をしました。南極昭和基地からの声が聞こえていたので交信させていただきました。私は高い周波数しか経験がないので、南極との交信はできなかったのですが、インターネットを利用した技術では非常に鮮明な声で話すことができました。南極からは衛星通信回線を使用しているのですが、数時間聞いていましたが終始問題無く日本の方々と会話をされていました。


I restarted amateur radio and had my first experience today. I heard a voice from Showa Station, Antarctica, so I communicated with him. I couldn’t communicate with Antarctica because I had only high frequency experience before, but I was able to speak in a very clear voice with the technology using the Internet. It is using a satellite communication line from Antarctica, and I’ve been listening for a few hours, but I’ve been having conversations with Japanese people from beginning to end.

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください