スマホ / Smart Phone

スマートフォンが 2007 年に発売されてからまだ 13年しか経過していません。携帯電話として、電話を持ち運べるようになったのは 1960年代と文献で検索できます。半世紀かけて小型化、省電力化が進み、今は電話というよりも持ち運べるコンピューターと言えるまで発達しました。スマホを無くしたら生活できないと言う人までいるようです。そんな中、今日の朝刊でシンガポールのことが記載されていました。コロナウィルスの感染リスクもスマホで監視、管理できるようになり、スマホが通行のパスになるようです。こうなると本当にスマホが無いと生活できない、そんな気もします。

Only 13 years have passed since the smartphone was launched in 2007. As a mobile phone, we can carry the phone around in the 1960s and in the literature. Over the last half-century, miniaturization and power saving have progressed, and it is now more like a computer instead of just a phone. Some people say they can’t live without their smartphones. Meanwhile, Singapore was mentioned in today’s morning edition. The risk of coronavirus infection can now be monitored and managed on a smartphone, and it seems that the smartphone becomes a pass. In that case, I feel like I can’t live without a smartphone.

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください