緊急事態宣言解除-1 / Lifting up state of emergency-1

昨日、日本では首都圏と北海道を除いて緊急事態宣言が解除されました。新規感染者数が減ってきています。少しずつ経済活動が開始されることを嬉しく思います。でもその反面、感染のリスクが高まることを恐れます。もし自分が感染してしまったら、と考えると怖いのが本音です。その理由は薬が無いこと、感染してしまったら入院、隔離となることが背景にあります。愛犬を預けて入院するとしてもそのような家庭のペットを預かってくれる所は無いかも知れません。経済活動復活を喜ぶと同時に引き続いて自己防衛を続ける窮屈な生活は続けることになります。

Yesterday, the state of emergency was lifted in Japan except in the Tokyo metropolitan area and Hokkaido. The number of new infections is decreasing. I am pleased that economic activity will gradually begin. However, on the other hand, I fear that the risk of infection increases. The real fear is that if I get infected, will be scared. The reason for this is that there is no medicine, and if I become infected, I shall be hospitalized and quarantined. Even if I leave my pet dog in the hospital, there may not be a place to take care of my pet from such a family. At the same time as I am pleased with the recovery of economic activity, I will continue to live a cramped life where we continues to defend myself.

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください