ストーブ掃除 / Daily Cleaning

薪ストーブを炊いた翌朝は掃除が必要です。灰を片付けて、煤で曇ったガラスを綺麗にします。昨夜は少し大きめの薪を入れたために朝まで火の子供が残っていました。灰の中に埋まった火を見つけると少し楽しくなります。さてガラスですが、この灰を雑巾につけて磨きます。このやり方を知ってからは磨き剤が不要になって便利です。日中は暖かく助かりますが、今夜も薪ストーブの暖かさに包まれましょう。

Cleaning is required the next morning after the wood stove is used. Clear the ash and clean the soggy cloudy glass. Last night, there was a child on fire until morning because a little bigger wood was inserted. Finding a fire buried in the ash can be a little fun. Now for the glass, I polish with this ash on a rag. Once I know how to do this, I don’t need a polishing agent. It’s warm during the day, but I can still be wrapped in the warmth of a wood stove tonight.

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

2 Responses to ストーブ掃除 / Daily Cleaning

  1. いぬ のコメント:

    憧れの薪ストーブ。写真を見るだけでぬくぬく感が伝わってきます。ピザとか煮込み料理もできるのでしょうか?なんて思いながら、重い腰あげて、さあ、今からランチ作ります。

  2. rbs のコメント:

    いぬさん、
    メッセージありがとうございます。住宅街に入れた薪ストーブなので火入れのタイミングには気を使っています。周囲を気にせず朝から焚けると尚良いですね。
    RBS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください