電気ケトル / Electrical Kettle

これまで電気ケトルを使って来なかったのですが、最近のものは温度設定ができると聞き、このモデルを購入してみました。Vitantonio という会社のものです、1 度の単位で設定が可能です。コーヒーは 93 度、緑茶は 65 度、などと試してみています。なるほど、ガスで湯を沸かして温度を感で淹れてたコーヒーとは味が違います。その温度制御の様子をリレーの音で聞いていると On Off 制御をうまくやっていて楽しくなります。また、このような会社が大手とことなる製品を作っていることは嬉しいことです。

I haven’t used an electric kettle until now, but recently I heard that it can set the temperature, so I bought this model. It is from a company called Vitantonio, which can be set in units of one degree step. Try coffee at 93 degrees, green tea at 65 degrees, and so on. Indeed, it tastes different from coffee that is boiled with gas and brewed with a sense of temperature. Listening to the temperature control with the sound of the relay makes On Off control well and makes it fun. I am also happy that these companies are making products that are different from the major companies.

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください