急変 / Purin gets hospital again

木曜 27 日の夜、プリンの容体が急変、咳が止まらなくなりました。夜間診療受付時間だったので、直ぐに連れて行き、そのまま入院となりました。前回の退院以来、順調だったのですが、残念です。今日、循環器専門の先生と面談、また肺に水が溜まってしまっていることがわかりました。心臓に病気を持っている他のワンちゃんたちも今週、何故か具合を悪くするようです。急な天候変化が原因だったのかもしれません。今度、退院したら興奮しないような環境を作ってあげようと思います。プリンは周囲の音に驚いたり、ドアベルが鳴ると興奮したり、落ち着きがありません。

Purin needed see the doctor on Thursday evening because he could not stop coughing.  It was the last minutes in the evening emergency room he then hospitalized again from the night.  He was well last 2 weeks but got the change in the evening due to the lower pressure we think.  The doctor told us the water in his lung he needs to be here some more days.  It seems the weather because other dogs they have similar heat disease got worse this week.  We are now thinking to make comfortable environment at home for him to not excite by the sound or visitors.

 

カテゴリー: ひとりごと, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください