裁量労働制 / Discretionary work

以前、アメリカの技術者と製品設計で一緒に仕事をする機会がありました。その時「え、日本人は残業代が支払われるのか!」と驚かれたことを思い出します。米国ではブルーカラーいわゆる肉体労働者には時間給が支払われるが、技術者など事務労働者には裁量労働が適用されていました。もう 20 年以上前になります。今、日本では働き方改革とかで紙面を賑わしていますが、私たちの受け止め方も見直す時期にきていると思います。

When I worked with the engineer in the states I was noticed that the engineer was not pay hourly but annual contract.  It was bit surprise to me but reasonably understood because the work is not for the time but for the progress.  Now this has been discussing in Japan.  I think we shall change the way of work and much to the payment with the contribution.  Hope this will be cleared soon without any other discrepancy.

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.