電子部品の不良 / Parts failure

数ヶ月、いろいろと検討してきましたが、結局良くならず、ドック入りすることとしました。当初、担当のメカニックは「車の診断ソフトでエラーが出ていないので、、、」と渋っていましたが、実車に乗ってもらって納得。調べた結果 EFI 電子式燃料噴射装置の故障と判明しました。保証期間中のため、無償修理してくれることになりましたが、その反面、掘り下げた原因究明はあきらめました。以前、自動車に製品を納めていた頃を思い出します。小さな製品でしたが、壊れると高級車もストップしてしまい、原因究明を行い、品質保証の偉い人に絞られました。ドック入りする前は写真のように不完全燃焼した状態、これが綺麗に治りました。

I have been trying couple of things but the situation did not get well.  The mechanic also agree to investigate in the detail although the diagnostic software did not detect any failure.  Finally he found out the failure with the EFI Electric Fuel Injector that was nice and he replaced is under the warranty so not cost for me.  I remember the time when I have been selling the product to the car maker and I had a very difficult time with the failure reporting the root causes to the QA manager.

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください